スターバックスがプラスチックストローの代わりに使うもの

スターバックス:ストロー廃止

スターバックスは2020年までに全世界に展開する2万8千の店舗でプラスチックストローを廃止する計画を発表しました(Starbuks NEWSROOM 2018)。

スターバックスは、プラスチックストローの代わりになるものを生産し、広めていく予定ですが、その代わりになるモノとはなんでしょう?

それは、プラスチック製のストローのないフタで、一部のメディアでは「大人用のシッピーカップ(幼児のために液体がこぼれないようにデザインされたカップ)」と呼ばれています。

これが、いま洪水のようにあふれている使い捨てプラスチックストローの代わりになるものです(結局、プラスチックですが)。リサイクル可能または生分解性のフタになるそうです(Starbuks NEWSROOM 2018)。

Strawless_lids

プラスチックのストローは、細くて小さいため回収が困難で、ほとんどリサイクルされることはありませんでした。この取り組みが完全に実施されれば、毎年スタバで使われていた10億本にわたるプラスチックストローをなくすことに成功するとのことです。

このストローなしのフタはすでにスタバの一部のお店で使われています。冷たい水出しコーヒーに窒素を添加してビールサーバーのように泡泡のコーヒーを楽しむ「ナイトロ コールドブリュー コーヒー」で使われています。

スターバックスの本拠地であるシアトルでは(生分解できない)プラスチックストローの禁止が始まったばかりです(NPR 2018 June 30)。その他の大手のチェーン店でもストローの廃止が始まっています。

たとえば、マクドナルドは、UKとアイルランドにある1300店舗でプラスチックストローの代わりに紙ストローに変更すると発表しました(NPR 2018 June 15)。これからの展開が注目されています。

関連記事

  1. スターバックス ストロー

    プラスチックストロー全面廃止!シアトルの偉大な決断

  2. 海洋ごみ_プラスチック_ペット

    海ごみ問題がよくわかる書籍たち

  3. 紙バッグ

    EUでレジ袋の使用が激減している取り組みがすごい

  4. たばこ吸い殻_プラスチック

    海のプラごみ、ストローよりもタバコ吸い殻のほうが問題!?

  5. 海洋ごみ_マイクロプラスチック_リサイクル

    ペットボトルごみを削減する「デポジット制度」とは?

  6. 海洋ごみ_マイクロプラスチック_ペットボトル

    まずは使い捨てプラスチックを減らすことがカギ

ブログ一覧