2050年にプラスチックが魚の量を超えます

オーストラリア わずか3ヶ月でレジ袋80%を削減

エコバッグと野菜

オーストラリアの最大手スーパーマーケットであるColesとWoolworthsが、今年の夏からレジ袋を廃止。

Australian Associated Pressによると、わずか3ヶ月で約15億枚が削減され、オーストラリア全土でレジ袋の80%がカットされました。

手持ちの袋がない場合、スーパーの利用客は一枚11セントのエコバッグを購入する必要があります。

レジ袋が廃止された当初、利用客はエコバッグ購入に不満に感じていました。その結果、Woolworthsでは売り上げが落ち込む事態に。Colesでは一時的に禁止措置を中断。レジ袋配布を再開しました。

しかし、環境意識の高い利用客からたくさんの非難を受けることになりました。 今やオーストラリアのほとんどの人たちは、「レジ袋が廃止されても支障ない」とわかってきているようです。

今後、国家的な廃止の取り組みが期待されます。 世界的にレジ袋を廃止・課税する動きが広まっており、ReuseThisBagによると、少なくとも32カ国で禁止措置がとられています(Eco Watch Dec 2018)。 レジ袋廃止・課税国マップ レジ袋廃止・課税国の表