英のスーパーマーケット 年間590億個のプラ使用

スーパーマーケット

最新の主要なレポートによると、英のトップ10のスーパーマーケットで、毎年81万トンの使い捨てプラスチックが排出されています。

これとは別に、11億枚以上のレジ袋、9億5800万枚のエコバッグ、12億枚の果物や野菜用のプラスチック製の袋がこれらスーパーマーケットから毎年出ています。

環境調査庁とグリーンピースUKのレポート(Checking Out Plastics)によると、このうち7つのスーパーマーケットは、年間590億個のプラスチック包装を使用。これは、英国で一世帯あたりおよそ2,000個のプラスチックごみを出すのと同じです。

調査対象になったスーパーマーケットの半数は、プラスチック包装を減らすための具体的な目標を定めておらず、削減ペースも1年で5%と非常にゆっくり。売り場から完全にプラスチックがなくなるまで、20年かかると言われています。

しかも、「リサイクル不可能なプラスチック」のみを廃止の対象にしており、大手ブランドや製造者にプラスチック削減を求めることもしていません。

毎年150万トンのプラスチック包装が消費され、その半分以上が小売業から出ています。食料品小売業は、最大のプラ包装利用者なのです。

英小売協会の部門責任者であるピーター・アンドリュース氏は、2025年までにすべての不要な使い捨て包装を排除すると述べています。一方で、リサイクルシステムが不十分なため、目標到達が妨げられるのではないかと懸念しています(Independent Nov 2018)。

関連記事

  1. レジ袋

    トルコで2019年からレジ袋廃止

  2. アイデア

    材料科学者たちが考える、プラスチック問題解決の3つのカギ

  3. 海洋プラスチックごみ

    米カリフォルニアーレストランでの使い捨てストロー禁止に 

  4. マイクロファイバー

    世界各地の水道水・ビール・海塩からマイクロプラスチックを検出…

  5. ウミガメ

    全7種のウミガメからマイクロプラスチックを検出

  6. 紙コップ

    海藻由来の生分解性プラでごみゼロへ!マイクロアルジェにも注目…

ブログ一覧