プラごみを海から除去できるのか?

そもそも海からプラスチックを一掃することは可能なのでしょうか?

結論から言えば,全てのプラスチックごみを除去することはもう不可能です.大部分は深海に沈んでしまったと言われていますし,小さく微細化したマイクロプラスチックやナノプラスチックの回収は極めて困難です.これ以上状況を悪化させないために,プラスチックごみが海に流入しないように対策を立てるしかないでしょう.

最近の報告によれば,海底に沈んだプラスチックごみの世界平均量は〜70 kg/km2,海の表層を漂流するプラスチックごみは平均して1 kg/km2以下(あの悪名高い北太平洋環流でも最大18 kg/km2ほど),そして浜辺に打ち上がっているプラスチックごみが平均で2,000 kg/km2となっています(Eunomia 2016).

というわけで,太平洋に浮かぶプラスチックごみを回収する装置を大金を出して設置するよりも,河口付近にごみをトラップする装置を設置したり(Willis et al. 2017),ビーチクリーンアップをする方が費用対効果が高いと言えます.それに,外洋のプラスチックごみを回収する試みは,費用以外の問題もたくさん抱えています(Stokstad 2017).

とにかく,ほとんどのプラスチックごみは陸で発生しているため,陸から海に流れ込まないようにすることが先です(McKinsey & Company and Ocean Conservancy 2015).発生源から対処しないと意味がありません(Wu et al. 2017).

ブログ一覧