求愛のために海ごみに絡まる海鳥

プラごみの増大とともに絡まる海鳥も増えています

多くの海鳥は、餌の魚を獲るために海に潜ります。そのときに海ごみに絡まってしまいます。海鳥がよく絡まる海ごみは、釣り糸と缶用の6パックリング(six-pack rings)です。

どちらもしばし色が透明で、海の中では目立たないため、これに絡まってしまいます。仮に見えたとしても、クラゲや何かの餌に見間違うかもしれません(Allsopp et al。 2007)。

彼らは餌を獲るために、空から海中に勢いよく飛び込みます。その時に遺棄された漁具や他の海ごみに絡まってしまうのです。

6パックリング_海鳥_プラごみ

これまでに、全ての海鳥種のうち25%(406種のうち103種)が海洋ごみによる絡まっています(Kühn et al。 2015)。海ごみに絡まる海鳥としてよく知られているのが、カツオドリの仲間、アホウドリを含むミズナギドリの仲間、アビの仲間、カイツブリの仲間、そして一部のカモメやペンギンなどです(Kühn et al。 2015)。

カツオドリの大きなコロニーがあるドイツのヘルゴラント島で行われた調査によれば、10年間の間に記録されたカツオドリの死体のおよそ3割が海ごみに絡まっていたと言います(Schrey & Vauk 1987)。

オランダで行われた調査では、死んだカツオドリのおよそ6%の個体が漁具やロープ、ナイロン糸などの海ごみに絡まって死亡していました(Camphuysen 2001)。

海に捨てられるプラスチックごみが増えるにつれ、海ごみに絡まるカツオドリの数も年々増え続けています(Hammer et al。 2012)。

巣作りの材料に海ごみを使って、そのまま絡まる

海鳥_海ゴミ

巣作りをする材料に海ごみを利用して、そのまま絡まる海鳥もいます。カツオドリ科の海鳥や他の多くの海鳥は、海藻などの天然物質を使って巣作りをしますが、プラスチック製のロープや漁網などの海ごみも材料としてよく利用されています(Lavers et al。 2013Votier et al。 2011Verlis et al。 2014Bond et al。 2012)。

カツオドリやシロカツオドリなどのオスは、求婚の時期になると、海でカラフルなごみを拾ってきては、自分で作る巣にせっせと取り入れています。目立たせてメスを呼び込むためなのかもしれません(Bond et al。 2012)。

北西大西洋やオーストラリアでは、ほとんどすべてのカツオドリの巣から海洋ごみが見つかっており、そのほとんどが漁業に由来するプラスチックごみです(Montevecchi 1991,Verlis et al。2014, Bond et al。2012)。

巣作りに釣り糸などの海洋ごみを使ってしまったために、親鳥とヒナ鳥が絡まるリスクが増大します(Laist 1997、 Kühn et al。2015)。そして自ら作った巣に絡まり、死んでいることが報告されています(Laist 1997、 Parker & Blomme 2007、 Votier et al。2011)。

海鳥_プラごみ

もっと詳しく!

ブログ一覧