海洋ごみの脅威

食塩にまでプラスチックごみが紛れ込んでいた

ちょっと前の話題ですが,私たちが普段食べている塩にもプラスチックごみが混じっていることがわかりました.マレーシア,フランス,イギリスの研究チームが発表しました(Karami et al. 2017).

私たちの食べるシーフード,たとえば魚や貝にマイクロプラスチックが混入していることが分かってきています.たとえば,ヨーロッパで一番貝をよく食べるベルギーでは,年間に一人あたりおよそ1万1千個のマイクロプラスチックを食べるだろうと計算されています(Van Cauwenberghe & Janssen 2014).

最近はシーフード以外からもプラスチックの混入の報告が相次いでいます.たとえば,ビール(Liebezeit & Liebezeit 2014)やハチミツ(Liebezeit & Liebezeit 2013),水道水(The Gardian, Sep 5 2017)からもマイクロプラスチック(主に化学繊維)がでてきています.

塩にプラスチックの破片

スペインの塩田 Photo: Jill /Blue Moonbeam Studio/Flickr (CC BY-NC-ND 2.0)

塩は,人間の生存になくてはならない空気と水の次に大事なものです.ナトリウムは,人体のホメオスタシスを維持するために必須な元素であり,私たちはそのほとんどを食塩から得ています(つまり塩化ナトリウム,NaCl)(Brown et al. 2009).

食塩は主に,海水の蒸発による結晶化や,日光の熱と風の作用で生じる結晶化(にがり)によって作られます(Serrano et al. 2011).この海水が結晶化する過程で,海水に含まれていた汚染物質も一緒に閉じ込められてしまうのです(Serrano et al. 2011).

食塩にマイクロプラスチックが含まれているのがはじめて見つかったのは中国です(Yang et al. 2015).1kgの海水塩には最大で681個のマイクロプラスチックが見つかりました.

そして今回,マレーシア,フランス,イギリスの研究チームは,世界8カ国から生産される17種類のブランドの塩にプラスチックが入っていないか調査を行いました(Karami et al. 2017).8カ国には,オーストラリア,フランス,イラン,日本,マレーシア,ニュージーランド,ポルトガル,南アフリカが含まれます.

海水塩 Photo: Susie Wyshak/Flickr (CC BY-NC-ND 2.0)

研究チームは,各ブランドの塩,1kgを水に溶かして,目の細かいフィルター(目合い149マイクロ㍍)にろ過しました.その結果,16ブランドから,全部で72個のプラスチックらしいものがでてきました.

そのうち40個は確実にマイクロプラスチックであることがラマン顕微鏡による分析で分かりました(Karami et al. 2017).

マイクロプラスチックは,フランスの1つのブランドを除いて,1個から10個見つかりました.一番多かったのはポルトガルのあるブランドの塩です.

見つかったマイクロプラスチックの大きさは,平均して515マイクロ㍍で(1mmの半分ほど),最も小さなものは160マイクロ㍍でした.

マイクロプラスチックの64%はプラスチックの破片で,残りの26%が繊維状のプラスチック(マイクロプラスチックファイバー),そして11%がフィルム状のプラスチックです(Karami et al. 2017).

食塩から見つかったマイクロプラスチックの例.(a)ポリイソプレン/ポリスチレン,(b) ポリエチレン,(c)青い塗料に使うフタロシアニン,(d)アクリルアミド(ナイロン).Source: Karami et al. (2017) Sci Rep 7: 46173 (CC BY 4.0).

主なプラスチックの材質は,ポリプロピレン(40%)とポリエチレン(33%)で,さらにペットボトルに使うPET(ポリエチレンテレフタレート)やポリイソプレン/ポリスチレン,ポリアクリロニトリルやポリアミドなどの繊維状プラスチックもでてきました(Karami et al. 2017).

調査チームによると,食塩を食べることで,おそらく一人あたりに年間で最大37個のマイクロプラスチックを食べてしまうことになるそうですが,その量は少ないため健康に問題はないだろうということです(Karami et al. 2017).

ただし,今回調査したマイクロプラスチックは,目合いが149マイクロ㍍のフィルターに引っかかる大きさの粒子だけをみており,このフィルターを通過してしまうもっと小さな粒子については見ていません.なので実際にはもっと多くのプラスチック粒子があるかも知れません.

関連記事

  1. ゴーストネットの脅威−プラスチックの漁具に絡まる海洋動物

  2. 海鳥とプラスチック

    巣作りに使ったプラスチックごみに絡まる海鳥

  3. 『磯の匂い』がするプラスチックごみに騙されるアホウドリ

  4. それでも風船を飛ばす?海洋動物が苦しむ理由

  5. マイクロプラスチックをガブ飲み!汚染物質を溜め込むクジラ

  6. サメがプラスチックごみに絡まる−ゴーストネット問題

PAGE TOP