クラゲもプラごみを食べていたことが判明…!

クラゲ

今年4月、科学ジャーナルであるScientific Reportsに、クラゲがプラスチックごみを食べていることを示す論文が初めて掲載されました (National Geographic Sep 2018)。

研究チームが世界中の海を3年間に渡って調査していたところ、2016年に地中海でプラごみを食べているオキクラゲを発見。

そのプラごみは帯状で、タバコの箱の包装に使われていたもの。有名ブランドである”Philip Morris International(フィリップ・モリス・インターナショナル)” の文字がはっきりと確認できます。

プラごみを食べたクラゲ

プラスチックの断片とクラゲのインタラクション。フィールドで観察された遊泳するオキクラゲの高解像度画像(左)。口の突出部(白い四角で囲んだ部分。右はその拡大画像)に有名なタバコブランドのプラスチック製の紐が付いている。Source: A. Macali, A. Semenov, V. Venuti, V. Crupi, F. D’Amico, B. Rossi, I. Corsi & E. Bergami (2018) Episodic records of jellyfish ingestion of plastic items reveal a novel pathway for trophic transference of marine litter. SCIENTIFIC REPORTS 6105 (2018) (CC BY 4.0)

研究チームは、クラゲが本当にプラごみを食べてしまうのか実験を行いました。

プラスチックをエサの下に紛れ込ませてみたり、オキクラゲの体の間を縫うように漂わせたりと、クラゲをプラスチックに晒すことでその反応を確認したのです。

その結果、20匹のうち実に4匹がプラスチックを食べており、さらに驚くべきことは、単にエサと間違って誤食したのではなく、「エサとしてすき好んで」食べていたのです。

この論文著者のArmand Macali氏は、オキクラゲがプラスチックを食べた理由を次のように推測しています。

「海中のプラスチックは、その劣化とともに微生物によるバイオフィルムで覆われます。クラゲはこのバイオフィルム、またはプラスチックの劣化の過程で放出される微粒子を好んでいるのかもしれない。」

生物がプラスチックを大量に摂取すると、常に満腹状態で本来のエサを食べることができず、飢餓状態になって最終的に死んでしまいます。また、消化器官が詰まったり、傷ついたりして死んでしまう例もあとを絶ちません。

このような背景から、同氏は「クラゲが何に惹きつけられているのか、その物質を特定することで、海洋生物がエサと間違うことのないプラスチックを開発できるだろう。」と述べています。

関連記事

  1. マイクロファイバー

    世界各地の水道水・ビール・海塩からマイクロプラスチックを検出…

  2. 海洋プラスチックごみ

    有害な化学物質を高濃度に吸着するマイクロプラスチック

  3. 海洋プラスチックごみ_マイクロプラスチック

    プラスチックごみをクラゲと間違えて食べるウミガメ

  4. 海洋プラスチックごみ_マイクロプラスチック

    ウミガメとビーチを守る、ナイジェリアの女性活動家

  5. バクテリア

    プラスチックごみが増えると海水浴中に病原菌に感染?

  6. 海洋ごみ_マイクロプラスチック

    マイクロプラスチックをガブ飲み!汚染物質を溜め込むクジラ

ブログ一覧