プラスチックごみをクラゲと間違えて食べるウミガメ

クラゲを食べるウミガメの映像がナショナルジオグラフィックから公開されています.

しかし,クラゲを食べるウミガメは,ビニール袋(ポリ袋)をクラゲと間違えて食べているのです.

海のプラスチックごみの蓄積と拡散は,およそすべての海洋環境になんらかの影響を与えています.多くの海洋生物が,プラスチックごみから直接的あるいは間接的に被害を受けています.

その1つが,海洋プラスチックごみの「誤食(または誤飲)」です.

ウミガメでは,すでに100%の種類(7種のうち7種)で海洋ごみの誤食が報告されています(Kühn et al. 2015).

海洋ごみを間違えて食べるウミガメ

ウミガメによるプラスチックの摂食が初めて報告されたのは,1968年にさかのぼります(Mrosovsky et al. 2009).

ウミガメは,ビニール袋などの柔らかくて透明なごみを好んで食べる傾向があります(Schuyler et al. 2014).おそらくクラゲなどの餌と間違えて食べています(Mrosovsky et al. 2009, Tourinho et al. 2010, Campani et al. 2013, Schuyler et al. 2014).またゴム風船の破片も間違えてよく食べています.

ウミガメがビニール袋を間違えて食べている様子が,こちらの動画ギャラリーで紹介されています.カメの甲羅に取り付けたカメラから撮影されました.「ビニールを誤食するアオウミガメ」というタイトルの動画です(東北マリンサイエンス拠点形成事業「海洋生態系の調査研究」より).

プラスチック片に付着した生物を食べようとして,結果的にプラスチックを食べている場合もあります(McCauley & Bjorndal 1999, Tomas et al. 2002).たとえば,アカウミガメの胃の中からでてきたプラスチックには,海アメンボの卵が付着していることがあります(Frick et al. 2009).この卵を食べようとして,一緒にプラスチック片を食べてしまった可能性が指摘されています(Kühn et al. 2015).

ポリ袋の摂食が原因で死んだウミガメ(スペイン)Photo: Steve Garvie/Flickr (CC BY-NC-SA 2.0)

消化管がプラスチックで閉塞

死亡したアカウミガメの体内からでてきたごみ Photo: TeamOCEAN/Flickr (CC BY 2.0)

ウミガメは,間違えて食べたプラスチックを,いとも簡単に腸まで運んでしまいます.そのため,ほとんどのプラスチックごみは,胃よりもむしろ腸で見つかります(Bugoni et al 2001, Tourinho et al. 2010, Campani et al. 2013).

結果的に,プラスチックの摂食によって腸閉塞など,腸の機能が阻害されます.

地中海で行われた研究では,調査したアカウミガメの71%の個体の消化管からごみが見つかりました.さらに,成体カメ(1匹あたり平均27個のごみ)のほうが,子ガメ(平均19個)よりも,たくさんのごみを摂食していることがわかっています(Campani et al. 2013).

アカウミガメやアオウミガメでは,プラスチックの摂食が多いほど,栄養状態が悪くなることが確認されています(Lutz 1990McCauley & Bjorndal 1999).

まったく栄養のないプラスチックを大量に誤食することで,本来の餌を食べることができず,やがて死にいたっています(Bugoni et al 2001, Mrosovsky et al. 2009, Tourinho et al. 2010).

関連記事

  1. 海のプラスチックごみは化学物質のカクテル

  2. 海洋ごみに『ヒッチハイキング』してやってくる外来種

  3. ウミガメの行く手を阻む海洋プラスチックごみの問題

  4. 食用貝に潜むマイクロプラスチック問題

  5. ゴーストネット

    悪魔のゴーストネット−プラスチックごみに絡まる海洋動物

  6. マイクロプラスチックを知らずに食べるオットセイ

ブログ一覧